加害者と被害者で異なる

紙幣と人形

金銭問題を解決しよう

静岡で交通事故を起こしたり、遭ったりしたら、静岡の弁護士事務所に相談しましょう。大したケガがなかったとしても、慰謝料請求がなされることがあるからです。金銭的な問題はその道の専門家に間に入ってもらった方が、スムーズに解決できます。また、加害者と被害者とでは手続きなどもいろいろと違ってきます。そんな点も弁護士に任せた方が楽です。交通事故の場合、警察も交えた上で現場検証がなされます。その上で明らかに加害者側に問題があるのなら、被害者は慰謝料請求ができます。通常、破損した乗り物などの弁償をしてもらうことになる上、ケガの治療費なども請求します。もちろん、これには相場があるので、静岡の弁護士に相談した方が無難です。素人ではどのくらい請求できるものか分からないからこそ、詳しい人の意見を参考にしましょう。それから、乗り物に関する弁償は、通常、保険に加入しているものです。そのため、保険から補償されることになっています。単純に手続きをすればいいだけなので、特に問題はないはずです。特に大変なのは、ケガが治らなかった時です。加害者がどの程度、被害者に治療費を払うべきか、治療の状況も見ながら考えていきましょう。交通事故の場合、後遺症の問題も出てきます。静岡の弁護士からは交通事故の後、一括して治療費を払うように言われることもあります。その方が加害者としては楽です。何年も経ってから後遺症治療の請求をされると大変です。弁護士の意見を尊重しましょう。