時効が迫っています

男の人

払い過ぎた利息を取り戻す

名古屋にお住まいで、過去に消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用されていた方は、過払い金が発生している可能性があります。利息制限法で定められた上限金利、20%を超える金利で借りたり返したりを5年以上繰り返していると過払い金が発生している可能性が高いですので、名古屋の最寄りの法律事務所に相談されることがおすすめです。過払い金とは、払い過ぎた利息のことです。本来は支払う必要のない利息を余分に払っていたお金ですので、取り戻すことは正当な権利です。しかし、個人で請求手続きを行うと満額返還ができなかったり、業者との交渉でなかなか返還に応じてくらないなどのトラブルがあります。手続きや交渉をスムーズに進めるには名古屋で実績のある法律事務所に依頼をします。書類の作成から業者との交渉まで代行してもらうことができます。過払い金返還請求をお考えの方は、早めに請求手続きを行います。その理由は、時効が迫っているからです。完済をした日から10年経過してしまうと、時効により請求できる権利を失ってしまうからです。貸金業法が改正されたのが2010年ですから、それ以前に完済をされている場合、時効が迫ってきています。時効だけでなく、取引していた貸金業者が倒産をしてしまっても請求することができなくなりますので、手続きするなら早急に行う必要があります。また、名古屋市内の法律事務所でも成功報酬や着手金など料金設定が異なりますので比較して依頼します。