弁護士に相談しよう

事故

慰謝料請求ができる

交通事故に遭ってしまった場合、加害者も被害者もまずは弁護士に相談しましょう。もちろん、最初は救急車を呼んだり、警察を呼んだりすることになりますが、後々、トラブル回避のためにも弁護士が必要になるからです。特に、被害者がケガをしてしまった場合には治療費がかかります。むち打ちになることはよくあることです。これは加害者も起こりやすいことから、交通事故での治療費に関しては念頭に置いておきましょう。また、むち打ちを放置しておくことで後遺症が出ることもあります。その場では無難に解決したとしても、後で交通事故の後遺症が出てきてしまった場合、この時の治療費はどうなるのか難しいものがあります。そんな時のためにも、法律の専門家に間に入ってもらった方が無難です。実際に、むち打ちの後遺症でずっと通院する人も居ます。長く通院代がかかるとなると、加害者が支払う額も相当なものです。相場などを知るためにも、弁護士の意見を取り入れましょう。それから、通院する病院の選択も重要です。特に、交通事故に関する治療を専門的に行っているクリニックなどを選択しましょう。むち打ちからの後遺症は痺れなどが起こることがあります。これは鍼灸治療を用いたり、整体院に通ったりといったこともあります。これらの治療をしてくれる鍼灸院や整体院に関しても調べておくと安心です。いずれにしても、長く治療がかかる場合には先にまとめて慰謝料をもらうことがあります。